• 2016年11月 月間施工数
    リフォーム:350件 / 軽作業:426
  • 2016年11月時点総施工数
    リフォーム:24,209件 / 軽作業:31,385

新着施工事例

千葉県山武市・八街市・富里市の外壁塗装なら、ネクサス・アールハウジングへ! 高圧洗浄を終えた外壁に補修を行い、下塗り、中塗りまで行ったK様邸。 最終話は、上塗りと付帯設備の塗装に入ります。 丁寧に下準備を行った結果、美しい仕上がりとなりました!

> 続きを読む

千葉県山武市・八街市・富里市の外壁塗装なら、ネクサス・アールハウジングへ! 業務用高圧洗浄機を使用して、入念に外壁の洗浄を行ったK様邸。 水がちゃんと乾いたことを確認したら、いよいよ作業の開始です! 塗装前に補修を行い、塗装へ入っていきます。

> 続きを読む

千葉県山武市・八街市・富里市の外壁塗装なら、ネクサス・アールハウジングへ! 外壁の塗装が落ちると、古びて見える住まい。 ですが塗装は美観だけなく、機能的な役割も持っているのです。 家が古く見えたら、住まいを守る力も弱まり始めています!

> 続きを読む

ネクサス・アールハウジングでは、トータルで住まいのトラブルをお引き受けしております。 お客様のご自宅へお伺いすると、その場で見つけた・ご相談いただいた別のお悩みで、ちょっとした作業をやらせて頂くことがございます。 今回は、そんな作業をいくつかピックアップしてご紹介しようと思います!

> 続きを読む

外壁重ね張り工事の後半では、いよいよ新しい壁材である金属サイディングを張ります。 外壁重ね張り工法の魅力の一つに「見た目を大きく変えられる」ということが挙げられますが、M様邸ではさらに塗装を行いました。 外観がどのように変わったか、ぜひご覧ください!

> 続きを読む

外壁のリフォームとして一番人気がある重ね張り工法。 カバー工法とも言って、元の外壁の上に新しい外壁を張るという工法です。 重ね張りには値段がお手頃で工期も短いなど様々なメリットがあります。 工事と一緒にメリットをご紹介しますので、ぜひご覧ください!

> 続きを読む

ベランダの重ね張りリフォームの第2回。 後半では工事完成まで全てお見せします。 重ね張りは廃材が出ず、費用もお手ごろにリフォームできるスタンダードな方法です。 工期も短いので、外壁リフォームを検討中の方はご参考にしてください!

> 続きを読む

本日ご紹介するのは、サイディングの補修です。 劣化症状が見られる部分に新しいサイディング材を張り付けて補強します。 外観は、一番最初に目に入る大切な部分です。 この重ね張り工事で家の外観がオシャレに変わりますので、ぜひご覧ください!

> 続きを読む

現在、主流の外壁材となっているサイディング。 寿命は30~40年程度と言われますが、剥がれやヒビが入った場合はメンテナンスが必要です。 今回はベランダのサイディングの張り替えをご紹介します。 ご自宅の外壁劣化が気になっている方はぜひご覧ください!

> 続きを読む

費用や工期を短縮できる外壁重ね張り工事。 しかし、重ね張りのメリットは、それだけにとどまりません。 断熱性や遮音性など、外壁の性能アップにも役立つのです! 外壁重ね張り工事の後半では、新しくなった家の外観をご紹介しますので、ぜひご覧ください!

> 続きを読む

本日紹介するのは壁の重ね張り工事で、カバー工法とも言います。 木造と漆喰の外壁にサイディング材で重ね張りすることで、和風家屋を現代的な外観に生まれ変わらせます! 外壁リフォームを検討中の方は、ぜひご覧ください。

> 続きを読む

サイディングのメンテナンスは大きく塗装か張替えに分かれますが、 今回ご紹介する事例のように、サイディングに大きな破損がある場合は張替えが必要です。 放置しておくと、雨漏りなどで下地の劣化にもつながりますので、早めにリフォームしましょう。

> 続きを読む

雨風から住人を守る外壁。 外壁に剥がれがあった場合は、水漏れなどの被害が発生する場合があります。 水漏れして家の構造部にダメージが及ぶ前に早めの補修を心がけましょう。 今回はサイディングの一部張り替えをご紹介!

> 続きを読む

屋根工事に引き続き、S様邸では外壁補修工事を行っています。 一度足場をつくったのであれば、他の高所リフォームも行うことがオススメ。 足場の打設にも費用がかかるため、同時に行えば二度足場をつくる必要がありません。 後編は、シーリングの打設です!

> 続きを読む

外壁には、様々な種類があります。 塗り壁や、タイル、モルタル、塗装…そんな中で、近年人気が高い「サイディング」。 サイディングとは、外装材を壁に貼りつけて外壁をつくる工法です。 今回は、その外壁材の間に充填させる「シーリング」の詰め替え補修です!

> 続きを読む

外壁塗装リフォーム、ついに仕上げの段階へ。 今回行うのは「付帯部分」の塗装です。 外壁塗装における付帯部分とは、雨戸や建具のこと。 建物の寿命に関係するわけではないですが、美観に大きく関わります。 気持ちよく生活するために、最後まで手は抜きません!

> 続きを読む

24時間、雨や紫外線を受け止めている外壁。 外壁は、私たち以外にも、住まいの構造も守ってくれています。 少しでも今の住まいを大切にしたいなら、こまめな外壁塗装で耐久性を復活させましょう! 前回、下準備を終えましたので、いよいよ塗装に入ります!

> 続きを読む

みなさまのご自宅には、ヒビが入っていませんか? ヒビに限らず、コケや汚れは劣化が始まった証拠。 放っておくと、住まい内側の傷みにも繋がりますので、こまめなチェックがオススメです。 今回は、劣化の初期症状には最適なリフォーム、外壁塗装のご紹介です。

> 続きを読む

常日頃、雨や風から私たちを守ってくれている外壁。 この瞬間も、少しずつ劣化しています。 今回ご紹介する「重ね張り工法」は、元の外壁の上から外装材を施工する工法! 構造が傷んでいないなら、張替えよりも工期が短く費用が安い、重ね張りがおすすめです!

> 続きを読む

モルタル外壁の補修をご紹介。 モルタルの補修目安は大体10年ですが、ひび割れやはがれなどの症状が出たときは早めに補修しましょう。 症状が悪化してからのメンテナンスは高くつきます。 ぜひ定期的なメンテナンスをしてください。

> 続きを読む

外壁は一見きれいでも、近くで良く見るとヒビ割れがある場合がありますので、油断はできません。 小さなヒビから雨水が浸透し、結果外壁の劣化や雨漏りに繋がります。 今回ご紹介する塗装事例をご参考に、外壁診断や補修を検討してみてください。

> 続きを読む

外壁の張替えよりも工事期間が短く、費用もお手ごろな外壁重ね張り(カバー)工法。 実は他にも、断熱性や遮音性、耐震性までもアップできるというメリットがあります。 外壁リフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

> 続きを読む

外壁の劣化を防ぐには、塗装や張り替えの他に、重ね張りがあります。 外壁重ね張り工法と言って、既存の外壁の上から軽量で断熱性の高い外壁材を張り付ける工法です。 納期や価格等メリットの多い工法です。外壁補修を考えている方はぜひご覧ください。

> 続きを読む

基礎塗装は、基礎を丈夫にして、見た目を良くします。 基礎は汚れのつきやすい部分なので、汚れの目立たない色で塗ります。 家の最も重要な部分とも言える基礎。あまり目に入りませんが、この事例をきっかけにぜひ注意して見てください。

> 続きを読む

1 2 3