ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション
  • リンクホーム

【棟板金の浮き】棟下地交換工事 事例

【棟板金の浮き】棟下地交換工事 事例

鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区の屋根リフォームなら、ネクサス・アールハウジングへ! 「棟(むね)」は屋根で一番高い所です。面に葺く屋根材を雨から守る蓋の役割をしています。 屋根の要である棟はそれだけに風雨の被害を一番受けやすいところでもあります。 スレート屋根の場合、棟を蓋する棟板金が強風や経年劣化で浮き上がることがあります。

K様邸の施工事例をお伝えいたします。


ご覧のとおり棟板金を留める釘が浮いています。
棟板金を取り外すと棟下地(木材部分)が腐っていました。これでは釘を打っても抜けてしまうので棟下地ごと交換します。
古い棟下地を取り去ります。
新しい棟下地をビス止め。
新しい下地が剥がれないように専用の強力接着剤を使用。
まっすぐ、新しい下地を敷きました。
同じ棟板金をかぶせていきます。棟板金の状態はしっかりと確認し、必要ならヒビ割れ補修などを行います。
この通り元の板金を活かして安心できる棟に。板金の浮きも早い段階なら部分的な補修が可能なのです。

劣化した板金が浮くと、隙間や釘穴から水が入ります。その水により板金を留める木部が腐ると、さらに釘が抜けやすくなるという悪循環に陥ります。 最悪、板金自体が風に飛ばされたり、剥がれたりする事態もあるので、早めに補修しましょう。板金は金属製なので風に飛ばされると非常に危険です。 雨漏りに関しては木部の下に防水シートがあるので、釘が浮いているからといって、すぐさま雨漏りが起こるわけではありません。しかしながら棟が傷むと防水シートも劣化しますので、やはり早めに補修する必要があります。

私たちは、全てのお客様と末永いお付き合いを目指しております。
このような「自分でできそうでもなかなかできない」「どこに頼んでいいのかわからない」
そのような住宅の、小さな修理・修繕も、喜んでお引き受けしております。
 
「できそうでできない」「ちょっと大変そう」を、お気軽にお問い合わせください!
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル6階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ