ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション

ベランダリフォーム 前編 鋸南町,館山市,南房総市エリア S様邸

ベランダリフォーム 前編 鋸南町,館山市,南房総市エリア S様邸

鋸南町,館山市,南房総市のベランダリフォームなら、ネクサス・アールハウジングへ! 雨漏りが起きたら、原因は屋根だと思い浮かべませんか? しかし、実はベランダも雨漏りの原因になりやすい箇所です。 一見キレイなベランダも、内部はボロボロなんてことも…

バルコニーのリフォームを行ったS様邸をご紹介いたします。


既存のベランダ
ベランダ床 S様邸のベランダ。一見するとキレイなベランダです。
外壁の立ち上がり部分 これだけ見ると、特に大きな問題ないように見えますね。
床の表面 防水面である床にも、特に大きな傷みや劣化はありません。
ベランダの雨染み しかし、ベランダの下から天井を見てみると、雨染みができてしまっています。どこかから雨が内部へ侵入してしまっているのでしょう。
ベランダの笠木 外壁を見てみると、中央のモルタルに黒ずみやひび割れがありました。
外壁材(サイディング)の剥がれ さらに中央のモルタルを挟むように設置されている「サイディング」という外壁ボードが剥がれかかっています。
サイディングと下地のすき間 ヒビだけでも雨は侵入していきますが、このような大きなすき間では、もっと大量の雨が内部へ侵入していたはずです。
足場設置 ということで、さっそくベランダをリフォームするために足場を組みました。
腐っている下地 サイディングを撤去すると、内部の下地が雨でボロボロに腐り、ネジはサビてしまっていました。
腐っている下地
腐っている下地 下地の下部まで雨で腐ってしまっています。
使える木材と使えない木材 ですが、もう完全に使えない木材もあれば、まだ奥の木材のように影響がないものもありました。
腐った木材の撤去
腐った木材の撤去 まずは、そういった腐って使用できなくなった木材を撤去していきます。
新しい下地張り 次に、撤去した部分へ新しい下地を設置します。
新しい下地張り 表面部分にも、新しい防水層を作成していきます。

一見とくに問題ないベランダのように見えましたが、外壁材を撤去してみると中の下地やネジがボロボロに腐敗していました。 今回S様邸のベランダが劣化してしまった原因は、サイディングが剥がれ、その隙間から内側へ雨が侵入してしまったことです。ベランダ床は防水層になっていますが、防水層に問題がなくとも、他の経路から劣化に繋がる可能性はあるのです。 ベランダの腐敗がどういった被害につながるのかというと、「雨漏り」による住まいの傷みです。 雨漏りだけでも被害が出ていますが、それよりも怖いのは、家の基礎までどんどん腐敗が進んで老朽化することです。湿った木材はシロアリの被害に遭いやすく、シロアリの被害にあった住宅では耐震性が低下します。実際に被害が出るのは大きな地震があったとき、「倒壊」という形で現れます。ただちに被害がでなくとも、もしもの時のために、日ごろのメンテナンスはとても重要なのです。 後編では、新しいベランダを作成する様子をご紹介します。 ご自宅のベランダが劣化していないか、雨漏りが起こっていないか気になるという方は、下記フォームからご相談ください。

住まいとは、家族にとって様々なドラマが詰まった幸せの象徴だと考えています。
住まい創りから生まれる幸せを感じて頂くため、施工中はもちろん、
住まいが完成した後もアフターメンテナンスを通じ、一生涯お付き合い頂ける会社として日々努力しております。
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-683-555

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル7階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ