ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション
  • リンクホーム

トタン屋根塗装 静岡市 葵区,駿河区,清水区エリア S様邸

トタン屋根塗装 静岡市 葵区,駿河区,清水区エリア S様邸

静岡市 葵区,駿河区,清水区で、トタン屋根の塗装をお考えなら、ネクサス・アールハウジングへ! トタン屋根を再塗装するタイミングである「劣化症状」をご存知ですか? 屋根の劣化が気になっている方は、トタン屋根の塗装を行ったS様の事例をご覧ください。


現状のトタン屋根 トタンとは金属の屋根です。施工しやすく、価格も安いことから以前はよく使用されていましたが、サビやすいというデメリットがあります。

S様邸のトタン屋根では、手に粉がついてしまう「チョーキング現象」が起こっていました。
高圧洗浄・ケレン後のトタン屋根 塗装をする前に、まずはこれまでの汚れを落とします。高圧洗浄機でホコリやカビ、塗装の粉を落としたあと、洗浄では落としきれなかった剥がれかけた塗膜をキレイにします。

もし塗膜の剥がれやサビなどの劣化がある場合には、この段階でしっかり処理しておきます。
プライマー塗布の後のトタン屋根 次に、錆止め効果のある接着剤(プライマー)を下塗りします。
塗装完了後のトタン屋根 最後に、先ほど塗ったプライマーを守るための塗料を2~3度上塗りして完成です!ツヤのある屋根になりました。
ポーチ支柱のサビ また、ポーチの支柱もサビてしまっていましたので・・・
塗装後のポーチ支柱 併せて、こちらもキレイに塗装し直させて頂きました。

トタン屋根を塗装するベストなタイミングは、今回のS様のようにチョーキング現象が起こっているときです。 チョーキング現象とは、塗料が紫外線によって劣化して、塗料に含まれる粉末の着色料がチョークのようになってしまう現象をいいます。この状態を放置しておくと、いずれ塗膜のふくれや剥がれ、サビへと繋がってしまうのです。サビによって屋根が腐食すると、最終的には屋根に穴が開いてしまいます。 そうなる前に再び塗装することで、防水や防カビ、防サビといった塗装の機能を取り戻すことが出来るのです。 塗装では済まないほど劣化が進んでしまえば、屋根を張替えるしか方法がなくなり、余計に費用がかかってしまいます。 そうなる前に、チョーキング現象が起こっている状態を見極めてメンテナンスをすることで、屋根の寿命を伸ばすことができますし、さらには費用の節約にもつながります。 ネクサス・アールハウジングでは、現状の屋根に対して適切な補修方法を提案させていただきます。 屋根の劣化が気になる方は、お早めにご連絡ください。

皆さまの大切な住まい。どんなに丁寧に使っていても、経年劣化や突発の事故等での修理修繕は避けられません。
 
そこで弊社は、お客様の住まいを10年・20年と長期スパンでメンテナンスすることを前提に、定期的なメンテナンスや修理修繕をご提案しております。 
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル6階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ