ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション

ベランダ防水工事後編 横浜市 港北区,緑区,青葉区,都筑区エリア M様邸

ベランダ防水工事後編 横浜市 港北区,緑区,青葉区,都筑区エリア M様邸

横浜市 港北区、緑区、青葉区、都筑区のベランダ防水工事なら、ネクサス・アールハウジングへ! ベランダの塗膜がはがれている光景ってよく見かけますよね。 よく見かけるんですが、それはメンテナンスのサインです。 ベランダ防水工事後編では、新しく施行した下地に新たな防水面を造ります。 いつまでも住まいを大切にするには、メンテナンスは必須です!

前回の続き、プライマー塗布後からスタートです!


FRP樹脂を塗ってからガラスマットを敷き、その上に再度FRP樹脂を塗り重ねます。
FRP樹脂は空気が入ると固まらなくなってしまうため、必ずローラーで「脱泡処理」をします。
ガラスマットとFRP樹脂をもう一層重ね、専用の機械で床を平滑にした後に「中塗り」を行いました。
中塗り後は、いよいよ最後の工程。ガラスマットとFRP樹脂を守る「トップコート」を塗っていきます。
トップコートを5~8年に1度塗り替えを行うことで、防水効果を維持することができます。
耐久性、防水性の高いFRP防水が完成しました!

FRP防水は軽量でありながら、塗膜の上を車で走っても耐えられる強さがあります。 そのうえ成型がしやすいこともあり、バスタブや船造りにも採用されています。 構造に負荷をかけることなく、耐久性と耐水性が手に入る、主流なベランダ防水工事です。 一方で、紫外線に弱いといったデメリットもあります。 長時間紫外線に当たっていると(もちろん経年劣化もありますが)、劣化が始まります。 劣化が進行してしまうと、下地から補修が必要になりますが、 その前にメンテナンスを行えば、トップコートの塗り替えで済みます。 お住まいのベランダには、はがれやふくれがありませんか? 簡単、すぐにお見積もりができます。ぜひ一度、下記フォームよりご連絡ください!

皆さまの大切な住まい。どんなに丁寧に使っていても、経年劣化や突発の事故等での修理修繕は避けられません。
 
そこで弊社は、お客様の住まいを10年・20年と長期スパンでメンテナンスすることを前提に、定期的なメンテナンスや修理修繕をご提案しております。 
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル6階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ