ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション

基礎土台改修工事② 千葉県 鋸南町,館山市,南房総市エリア S様邸

基礎土台改修工事② 千葉県 鋸南町,館山市,南房総市エリア S様邸

千葉県 鋸南町、館山市、南房総市の基礎土台改修工事なら、ネクサス・アールハウジングへ! 前回、床下の柱が浮いている状態をご紹介しました。 そのままでは床材を変えても、安定しない床になるので、根本的な解決のため基礎を改修します。 今回はめったにご覧になれない、床下基礎の改修工事の様子をご紹介します。

3回にわたってお送りするS様邸「基礎土台改修工事」の第2回目です。基礎の部分的な改修事例をお見せします。


基礎の柱が浮いていた床を下地から撤去。新しい床基礎のために砕石を押し固め、地盤を強化します。
この部屋はキッチンとして使われている部分なので、配管の位置を確認します。
水道もガス管も、コンクリートを流し込む前に、必要に応じて移動や交換を行います。
コンクリートを流し込みました。下に敷いていた網状の鉄筋は、コンクリートのひび割れやすいという弱点を補います。
コンクリートが乾けば基礎が完成。次回はその上に、イチから土台と床を作っていきます。乞うご期待!

基礎には種類があります。 全面をコンクリートで覆うベタ基礎と、線上のコンクリートで間取りのように家を支える布基礎です。 全面をコンクリートで固める方が、基本的には丈夫な基礎にはなります。 しかし地盤の弱い土地などは軽量な布基礎の方が、構造体として安定することもあります。 また布基礎の特徴として、改修がしやすいというところがあります。 今回はダイニングキッチンの基礎の改修ですが、布基礎はブロックで分かれているので、今回のように一部撤去し、新しくするなどの改修が可能です。 次回は新しい基礎に床を作っていきます!

皆さまの大切な住まい。どんなに丁寧に使っていても、経年劣化や突発の事故等での修理修繕は避けられません。
 
そこで弊社は、お客様の住まいを10年・20年と長期スパンでメンテナンスすることを前提に、定期的なメンテナンスや修理修繕をご提案しております。 
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル6階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ