ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション

基礎土台改修工事① 千葉県 鋸南町,館山市,南房総市エリア S様邸

基礎土台改修工事① 千葉県 鋸南町,館山市,南房総市エリア S様邸

千葉県 鋸南町、館山市、南房総市の基礎土台改修工事なら、ネクサス・アールハウジングへ! 床を歩くと、特定のところだけ沈んだり、音が鳴ったりする原因は様々に考えられます。 フローリングなどの床材の異常のこともあれば、基礎の腐食や、地盤の沈下による浮きが原因なことも。 今回は浮いた基礎を改修する事例をご紹介します。

床と床下を基礎から改修する工事を3回に分けてお伝えします。今回は第1回!


施工前のS様邸の全景。布基礎というタイプの基礎で、土が見えます。
一見しっかりとした基礎に見えます。
しかし床下を確認すると、床束(ゆかづか)といわれる床下の柱が、何箇所か大きく浮いていました。
本来、床束は束石(つかいし)と呼ばれる土台の石に載っています。それが束石から離れて浮いています。
施工前に、他の場所も点検し、基礎全体の状態をよくチェックします。
こちらの基礎も確認。工事範囲を定めると、次回はいよいよ浮いた基礎を改修していきます。

床束は床を支える柱です。大引きという梁のような木材を支え、束石に荷重を伝えます。 床束が浮く原因はいくつかありますが、主な原因は束石の沈下です。 施工ミスなどで束石の下に敷く、砕石を固める圧力が不足していたり、そもそも下に何も入れていない場合、束石は沈みやすいです。 他に、大引きの反りや歪み、自然災害による地盤の沈下などが原因で浮くこともあります。 床束が束石についていないと、乗ると浮き沈みする床になり、放置すると床全体が歪んでしまいます。 次回はこの床下を改修をしていきます!

皆さまの大切な住まい。どんなに丁寧に使っていても、経年劣化や突発の事故等での修理修繕は避けられません。
 
そこで弊社は、お客様の住まいを10年・20年と長期スパンでメンテナンスすることを前提に、定期的なメンテナンスや修理修繕をご提案しております。 
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル6階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ