ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション

【扉が開かない!】ドアノブ交換 事例

【扉が開かない!】ドアノブ交換 事例

埼玉県 加須市、羽生市、久喜市のドアノブ交換なら、ネクサス・アールハウジングへ! 毎日何気なく開け閉めをしているドアですが、ドアの部品で一番働き、したがって壊れやすいのがドアノブ。 バネが弱って閉まらなくなったり、鍵が掛からなくなったり、ときにはレバーが外れてしまうこともあります。 そんなドアノブの修理事例をご紹介します。

今回は、T様邸事例のご紹介です。


レバーの取れたドアノブ。なんと紐を使ってドアを開け閉めしています。
このドア、実はトイレのドア。家族なら良いとしても、お客様が使う場合はやはりなんとかしたいところ。
レバーが無いため、一度「カチャッ」とドアが閉まってしまうと開けることができず、止む無くテープで固定しています。
レバーだけを交換するのではなく、ドアノブ全体を交換することで対応します。
鍵もきっちり閉まり、これで安心ですね!
トイレと同じく、使用頻度の高いリビングのドアノブにも不具合がありました。
レバーが下がりっぱなしで、きっちり閉まらないという症状です。
こちらも新しいものに交換しました。
しっかりと閉まり、これでドアが本来の役割を果たしてくれます。

普段あまり意識はしませんが、じつは毎日非常に使用しているのがドアです。 それだけに一旦調子が悪くなればたちどころに不便を感じてしまいます。 ドアの寿命は使用頻度によって違いますが、特に多用するトイレのドアなどはだいたい10年を超えると不具合や、故障が出てくることが多いです。 部屋の中のドアが急に壊れると、閉じ込めなどの可能性もあるので、不具合を見つけたら早めはやめに交換することをおすすめします。

私たちは、全てのお客様と末永いお付き合いを目指しております。
このような「自分でできそうでもなかなかできない」「どこに頼んでいいのかわからない」
そのような住宅の、小さな修理・修繕も、喜んでお引き受けしております。
 
「できそうでできない」「ちょっと大変そう」を、お気軽にお問い合わせください!
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル6階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ