ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション

瓦屋根漆喰工事 愛知県 豊橋市,豊川市,田原市エリア I様邸

瓦屋根漆喰工事 愛知県 豊橋市,豊川市,田原市エリア I様邸

愛知県 豊橋市、豊川市、田原市の瓦屋根漆喰補修なら、ネクサス・アールハウジングへ! 瓦を屋根に固定している漆喰の寿命は約20年と言われます。 漆喰は通気性を持ち、水にも強い優れた素材ですが、年月とともに硬化し、剥がれやすくなるという性質があります。 屋根の漆喰が剥がれると、瓦のズレや雨漏りの原因になるので、早めに補修しましょう。


こちらは棟(むね)といって、屋根で一番高い所です。棟を蓋う瓦は雨を塞ぐために重要なので、漆喰で固定されています。
漆喰が経年劣化すると、このようにヒビ割れます。ヒビから水が入ると雨漏りの直接的な原因に!
そのため新しい漆喰を塗ります。まずは古い漆喰を取り除く作業から。
古い漆喰を綺麗に剥がすことで、新しい漆喰をしっかりと塗り込めることができます。
新しい漆喰を塗り、専用のコテを使って綺麗に均していきます。
漆喰をうまく塗るコツは、適量を均等に塗ることです。
棟の瓦をビス留めし、ビスの穴を塞ぐ瓦専用の充てん剤を塗ります。
瓦と瓦の間にも、ズレを防ぐ銀色の「瓦止め」を塗りました。これでズレも雨漏りも安心です!

瓦屋根には、瓦や漆喰の下に防水シートなどの防水面が存在します。 ゆえに劣化した漆喰を放っておいても、すぐさま雨漏りするというわけではありません。 しかしながら、劣化した漆喰を放置しておくと、ヒビから水が入り、防水シートの釘穴などからじわじわと屋根に浸みてしまいます。 そうすると屋根裏にカビが生えたり、屋根の下地が腐り、最悪のケースでは屋根を下地から交換しなくてはなりません。 家の補修は早めはやめが肝心。 今は大きな問題がなくても、漆喰をはじめとする屋根の状態は、定期的にチェックすることが望ましいです。

皆さまの大切な住まい。どんなに丁寧に使っていても、経年劣化や突発の事故等での修理修繕は避けられません。
 
そこで弊社は、お客様の住まいを10年・20年と長期スパンでメンテナンスすることを前提に、定期的なメンテナンスや修理修繕をご提案しております。 
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル6階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ