ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション

棟補修工事 栃木県 さくら市,高根沢町,那珂川町,那須烏山市エリア S様邸

棟補修工事 栃木県 さくら市,高根沢町,那珂川町,那須烏山市エリア S様邸

栃木県 さくら市,高根沢町,那珂川町,那須烏山市の、棟補修工事なら、ネクサス・アールハウジングへ! 瓦屋根の頂上「棟」は雨風の影響を受けやすく、劣化しやすい場所です。 もしご自宅の棟瓦がズレてしまっているなら、棟の補修を行いましょう。

棟補修工事を行ったS様邸事例を紹介いたします。


棟瓦を取り外した屋根 瓦屋根の頂上部分を「大棟」といいます。屋根の頂上ですので、一番雨風の影響を受けやすい部分です。
今回は、瓦のズレや釘の浮きが確認できたため、補修を行うことになりました。

まずは棟の瓦を撤去しました。
棟芯木がボロボロに 中を見ると、棟芯木がボロボロになってしまっていました。
瓦礫 新しい棟を作るため、古い棟芯木を撤去していきます。たくさん出た瓦礫は…
瓦礫を撤去 ホコリが舞わないように気を付けながら、丁寧に袋に詰めていきます。
新しい棟芯木 古くなった棟芯木を撤去し、新しい棟芯木を設置しました。
棟芯木を金具で固定 金具を使用し、しっかりと棟芯木を固定します。
漆喰盛り直し 続いて固定した棟芯木に、漆喰を盛り直していきます。
瓦をビスで再設置 漆喰を塗りなおしたら、頂上の丸瓦を設置し、棟芯木と瓦をビスで固定しました。
コーキングで防水処理 ビスにコーキングという充填剤を打ち、穴から雨が伝ってしまわないように、しっかり防水処理を行います。
まっすぐになった棟 きれいに一直線になった棟が完成しました。

瓦がズレてしまっている棟は補修する必要があります。 家の一番高い場所にある大棟は、雨や強風の影響を最も受ける箇所です。 そのため劣化が起こりやすく、漆喰の劣化や剥がれ、瓦を固定している棟芯木の腐敗が原因で、瓦がズレてしまうのです。 棟は屋根の継ぎ目を覆っている箇所でもあるため、瓦がズレると雨がしみこみ、雨漏りが起こりやすい場所でもあります。 雨漏りによって家の寿命を縮めてしまう前に、劣化した屋根はメンテナンスを行いましょう。 目で確認できるメンテナンスのタイミングとしては、瓦のズレ、瓦を留める釘の浮き、漆喰の剥がれなどが挙げられます。 とはいっても、屋根の上をご自身で確認するのはなかなか困難ですよね。 ネクサス・アールハウジングでは、「ちょっと屋根を見てほしいんだけど…」といったご相談を承っております。 瓦は耐用年数の長い屋根ですので、定期的にメンテナンスを行うことで、いつまでも今のお住まいを大切にすることができます。ご希望の方は、お気軽にご連絡ください。

皆さまの大切な住まい。どんなに丁寧に使っていても、経年劣化や突発の事故等での修理修繕は避けられません。
 
そこで弊社は、お客様の住まいを10年・20年と長期スパンでメンテナンスすることを前提に、定期的なメンテナンスや修理修繕をご提案しております。 
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル6階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ