ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション
  • リンクホーム

【漆喰が剥がれてる!】 漆喰補修 事例

【漆喰が剥がれてる!】 漆喰補修 事例

飯能市,日高市,毛呂山町,越生町,ときがわ町で【瓦の漆喰】を補修するなら、ネクサス・アールハウジングへ! 丈夫で長い間使用できる瓦。しかし、瓦を接着する漆喰は瓦より早く劣化します。 瓦の間の漆喰が剥がれてる…そんな方は、本事例をご覧ください!

K様邸の事例をご紹介します。


瓦の接着剤となっている漆喰。ですが、直射日光や雨に晒され続けると劣化が生じ、剥がれてしまうことがあります。
漆喰の剥がれは、瓦のズレや雨の侵入(雨漏り)といったトラブルに繋がりますので、補修が必要です。
粉に水を入れて混ぜ、漆喰を作っていきます。
剥がれていた漆喰を取り除き、「鶴首(つるくび)」という工具を使って新しい漆喰を塗り込んでいきます。
真っ白で美しい漆喰が完成!しばらくの間は瓦のズレや雨漏りの心配はありません。定期的にメンテナンスをすることで屋根が長持ちします。
厚みが出すぎてしまうと雨に当たって劣化が早まってしまうので、適量で塗っています。

漆喰は、瓦をくっつける【接着剤】の役割を果たします。 直射日光や雨にさらされることで経年劣化し、ひび割れや剥がれに繋がります。 漆喰の力が弱まると、地震が起きたときやひどいときには強風が吹いただけで瓦がズレてしまうこともあります。 軒下を歩いていて瓦が落ちてきては大変危険ですので、漆喰は定期的にメンテナンスをしましょう。 瓦は(質にもよりますが)、とても耐久性がある屋根素材です。 ひび割れや剥がれのある漆喰は小まめに補修をして、屋根を長持ちさせましょう!

私たちは、全てのお客様と末永いお付き合いを目指しております。
このような「自分でできそうでもなかなかできない」「どこに頼んでいいのかわからない」
そのような住宅の、小さな修理・修繕も、喜んでお引き受けしております。
 
「できそうでできない」「ちょっと大変そう」を、お気軽にお問い合わせください!
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル6階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ