ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション
  • リンクホーム

手すりリフォーム 東京都 葛飾区,荒川区,足立区,北区エリア Y様邸

手すりリフォーム 東京都 葛飾区,荒川区,足立区,北区エリア Y様邸

葛飾区、荒川区、足立区、北区の「手すりリフォーム」は、ネクサス・アールハウジングへ! ご家族の将来のために、バリアフリーのリフォームをお考えの方はぜひご覧ください。 ひと昔前に設置された手すりは、今よりもバリアフリーが不十分な場合があります。


これまでの手すりは、手すり同士の間に空間があり、バリアフリーの観点から見ると少し不安が残ります。
以前は金具の種類が少なかったため、段によって高さがまちまちになっている階段も多く見られました。
新しい手すりを設置するため、既存の手すりを取り外しました。壁に残っている金具は「ブラケット」といいます。
ブラケットを取り、ブラケットを補強するための「ブラケットベース」を設置しました。
ブラケットベースに、ブラケットと手すりを設置。曲折部分もしっかり固定できています。
「ジョイント」という金具で手すり同士を繋げたので、安心して手すりを頼ることができます!
今では金具の種類も豊富で、手すりも様々な形に対応できます。

バリアフリーの概念が世界で初めて生まれたのは、1974年のこと。 日本では2000年に交通バリアフリー法が成立し、街の中でもバリアフリーが整備されていきました。 それ以前の建築物では、お年寄りや身障者の方にとって使い辛い設備が多くありました。 今回ご紹介した手すりも同様で、以前はブラケットの種類が少なかったのです。 そのため、昔に建てられた家の手すりはすき間が空いていたり、位置が高すぎたりといったことがありました。 ご家族の高齢化に伴って、住まいも進化しなければなりません。 自宅のバリアフリー化を考えているという方は、お気軽にご相談下さい。 階段以外のトイレや玄関でも、暮らしやすい住まい作りをご提案します。

私たちは、全てのお客様と末永いお付き合いを目指しております。
このような「自分でできそうでもなかなかできない」「どこに頼んでいいのかわからない」
そのような住宅の、小さな修理・修繕も、喜んでお引き受けしております。
 
「できそうでできない」「ちょっと大変そう」を、お気軽にお問い合わせください!
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル6階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ