ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション
  • リンクホーム

土間コンクリート工事 後編 さいたま市 浦和区,南区,緑区,エリア  T様邸

土間コンクリート工事 後編 さいたま市 浦和区,南区,緑区,エリア  T様邸

さいたま市 浦和区,南区,緑区の土間コンクリート工事なら、ネクサス・アールハウジングへ! 日が当たらず、土が湿って歩き辛かった通り道。 T様邸では、そこに土間を打設することになりました。 前編では打設に入る前に、コンクリートの排水マスを塩ビ排水マスに取り替えました。 準備が整ったので、いよいよ土間コンクリートの打設に入ります!


前回掘削した地盤に砕石を敷いた後、上から機械でぎゅっと地盤を押して固め、メッシュを敷きました。
メッシュはコンクリート中央に埋め込む必要があるため、地盤にサイコロを置き、その上にメッシュを設置。
コンクリートを流し込み、水平にするため表面を均しています。
奥から手前に均しを行います。排水マスの蓋には生コンクリートが附着しているため、工程の中で清掃します。
大体の均しを終えたので、少し時間を置いてある程度の硬さが出てくるのを待ち、仕上げを行います。
排水マスのフタもキレイに清掃しました。
濡れてる!と思われるかもしれませんが、コンクリートがしっかり強度を出すためには、水が必要なのです。

コンクリートは、セメントと水が混ざった時に生じる「水和反応」によって硬化します。 一見すると生コンクリートが乾燥して固まるようにも見えますが、セメントが水を吸収することでコンクリートが固まるのです。 ですので、水和反応に必要な水分が蒸発する恐れのある夏場には、水を撒いて養生することもあります。 水分が不足すると硬化がストップしたり、気温が高く硬化の速度が早すぎるとヒビが入ってしまうためです。 美しいコンクリートを完成させるためにも、ご依頼の際は経験豊富なプロにお任せください。 ネクサス・アールハウジングにも、そんな経験豊富なプロがたくさん。 下記フォーム、またはお電話よりご連絡お待ちしております!

皆さまの大切な住まい。どんなに丁寧に使っていても、経年劣化や突発の事故等での修理修繕は避けられません。
 
そこで弊社は、お客様の住まいを10年・20年と長期スパンでメンテナンスすることを前提に、定期的なメンテナンスや修理修繕をご提案しております。 
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル6階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ