ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション

新築戸建て② 神奈川県 平塚市,寒川町,大磯町,二宮町エリア N様邸

新築戸建て② 神奈川県 平塚市,寒川町,大磯町,二宮町エリア N様邸

神奈川県 平塚市,寒川町,大磯町,二宮町に新築戸建てをお考えなら、ネクサス・アールホームへ! 第2話では住まいの骨組みを造ります。 木造建築の場合、骨組には木材を使用します。 この工程は「建て方」といい、力がいる作業なのはもちろん、組み立てる木材も多く大変です。 建て方の日は多くの職人さんが集まって作業を行います。


前回、床下に給湯管などを設置しました。その上から床下地を施工し、傷がつかないように保護をしました。
いよいよ「建て方」です。クレーンを使い、慎重に木材を搬入しつつ、木材を組み立てていきます。
斜めの木材は「仮筋交い」といい、金物を設置するまでの間、組んだ木材が狂わないように仮設置しています。
住まいの最頂部に使用する木材を設置し終えることを「上棟」といいます。
上棟が終わったら、すぐに屋根材を施工していきます。
ここまでの工程を1日で行いますが、それは、この次に行う作業が躯体にとって大切だからです。
それは、屋根下地にアスファルト防水シートを施工し、雨に濡れないように木材を守ることです。
木材に設置された金物は、耐震強度を高めるために取り付けられています。
本格的な取り付けは次回ですが、組み立てた木材にズレが生じないよう、出来る範囲で金具を取り付けました。
外壁には、地震の力を四方に逃がす「構造用耐力面材」を取り付けました。

新築戸建てを購入する際、耐震性能については皆さん気になる部分ですよね。 アールホームでは、震災があっても住み続けられる家造りを行っています。 強度があって劣化しにくい木材や、木材の接合部には専用の金物を設置し、強度を高めています。 そして、強い家造りのほかに、地震の力を弱める工夫もしています。 外壁に施工した耐力面材は、地震の力を分散させ、一部分にかかる負荷を弱くします。 また、基礎コンクリートと土台の間には減震ブレーキという装置を設置しています。 弱い震度であれば、強度を高めた家造りなので問題ありません。 大きな地震の場合には、家が耐えられる震度まで力を弱めることで、倒壊しない家を造っています。

住まいとは、家族にとって様々なドラマが詰まった幸せの象徴だと考えています。
住まい創りから生まれる幸せを感じて頂くため、施工中はもちろん、
住まいが完成した後もアフターメンテナンスを通じ、一生涯お付き合い頂ける会社として日々努力しております。
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-683-555

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル7階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ