ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション
  • リンクホーム

棟下地交換工事 静岡県 富士宮市,富士市エリア Y様邸

棟下地交換工事 静岡県 富士宮市,富士市エリア Y様邸

静岡県 富士宮市、富士市の屋根リフォームなら、ネクサス・アールハウジングへ! 屋根材は上から順に重なり合って、雨の入る隙間を埋めています。 一番高いところ、つまり全ての屋根材を上から押さえる部分を「棟(むね)」と言います。 棟が劣化すると雨漏りにつながるので、10年目安で検査、必要に応じた交換などをお勧めします。


こちらが現況の棟。棟木(むなぎ)は、棟板金(むねばんきん)という金属の蓋で守られています。
しかし、棟板金が歪んでいたり、隙間があると、横殴りの雨や強風により水が入ってしまいます。
棟木に水がしみると、固定している釘が錆びたりゆるくなり、結果、雨漏りの原因となります。
腐った棟木の取り外したところですが、多くの釘が錆びているのがわかりますね。
新しい棟板を、より確実に固定するため、強力接着剤を使用します。
新しい棟板を打ち付けるには、抜けにくいように釘ではなくビスを使います。
棟板金はヒビや破損があった場合、必要に応じて補修や交換をします。
ビスの浮きや雨水の侵入に備えて、コーキング材(充てん剤)で穴を塞ぎます。シーリングという作業です。
僅かな隙間も水浸みの原因となるため、棟板金の隙間も念入りに埋めていきます。
完成です!見た目の違いはわかりませんが、中はしっかりと補修しており、これで雨漏りの心配はありません。

今回の事例でご覧いただいた通り、棟の下にはスレート板があります。 そのスレート板の下にあるのが「ルーフィング」という防水シート。通常、水の侵入を防ぐのはこのルーフィングの仕事です。したがって「屋根の釘が浮いている!即雨漏り!」というわけではありません。 しかしながら棟木を固定している釘の中にはルーフィングやその下の屋根下地を貫いているものもあります。そのような釘穴から水が浸入すると雨漏りの直接的な原因になります。 屋根の要である軒は、屋根メンテナンスの中でも、主役になることが多い場所です。

私たちは、全てのお客様と末永いお付き合いを目指しております。
このような「自分でできそうでもなかなかできない」「どこに頼んでいいのかわからない」
そのような住宅の、小さな修理・修繕も、喜んでお引き受けしております。
 
「できそうでできない」「ちょっと大変そう」を、お気軽にお問い合わせください!
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル6階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ