ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション
  • リンクホーム

【瓦がなくなった!】瓦屋根補修工事 事例

【瓦がなくなった!】瓦屋根補修工事 事例

茨城県 阿見町、牛久市、龍ケ崎市の瓦屋根補修は、ネクサス・アールハウジングへ! 窓や雨戸を揺らす台風の強さは家の中にいても充分に感じられます。 家全体を揺らす風や雨から私たちを守ってくれるのは屋根と外壁。 台風が去ったときはぜひとも守ってくれた家の屋根や外壁の状態を調べましょう。 次の災害への備えもできればより心強いです。

S様邸の施工事例をお伝えいたします。


瓦は丈夫な屋根材ですが、強い風に伴う振動や、飛来物によって割れたり、瓦自体が飛んでしまうこともあります。
瓦が割れたり、なくなった部分は雨漏りの原因になります。なるべく早く新しい瓦を設置しましょう。
このように、なるべく元の瓦に近いもので瓦屋根を補修します。
漆喰の崩れは経年劣化によるものもあれば、強い風や雨が原因で剥がれてしまうこともあります。
とくに鬼瓦は瓦自体が重いので、漆喰の剥がれなどが原因で落下するとたいへん危険です。
瓦屋根において、漆喰で固定している部分は他の屋根瓦を押さえる重要なところ。必ず新しい漆喰で補修しましょう。
この銀色のものは「瓦止め」といって、屋根瓦専用の強力接着剤です。これをつかって強風や雨に備えます。
雨樋の壊れを発見。ここは集水器といい、雨樋から来る水を集めて降ろす所です。このままでは水があふれてしまいます。
新しい集水器に交換。これで雨への備えもばっちりです。
他にも異常がないかチェック。隅々まで補修すればちょっとやそっとの雨や風には負けません。

台風の後に屋根の様子をチェックすることは、雨漏りなどに備える上で非常に正しい行為といえます。 しかし、かといって自ら屋根をチェックしたり、修理をしようとすることは危険です。 とくに大型台風の後などは、瓦が大きくずれたりして普段より滑りやすい状態になっています。 実際に台風後の転落事故はニュースなどで多く報告されています。 屋根補修に関しての悪質な訪問販売なども増える台風後ですが、明確な被害がある場合やどうしても気になる場合は慎重に見積りをしたうえで、やはりプロの業者に任せることをお勧めします。

皆さまの大切な住まい。どんなに丁寧に使っていても、経年劣化や突発の事故等での修理修繕は避けられません。
 
そこで弊社は、お客様の住まいを10年・20年と長期スパンでメンテナンスすることを前提に、定期的なメンテナンスや修理修繕をご提案しております。 
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル6階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ