ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション

新築戸建て② 神奈川県 平塚市,寒川町,大磯町,二宮町エリア S様邸 

新築戸建て② 神奈川県 平塚市,寒川町,大磯町,二宮町エリア S様邸 

神奈川県 平塚市、寒川町、大磯町、二宮町で新築戸建てをお考えなら、ネクサス・アールホームへ! S様邸は、地下室付きの新築戸建てです。 前回は、地下室部分の構造を造るための準備段階をご紹介しましたが、 第2話ではいよいよコンクリート打設。地下構造の全景が明らかになります!


床部分の鉄筋と、壁部分の配筋が組み終わりました。
いよいよコンクリを造っていきます。床部分のコンクリートとなるセメントを流し込んでいきます。
セメントを流し込んでいる様子。ここからは3人で作業を分担します。
均等に流しこむ人。機械でセメントを振動させる人。表面をきれいに均す人。
底部分が出来上がりました。充分に固まることを待ってから、壁・天井部分に移ります。
コンクリートを流し込むまえに、地下に必要となる配管を設置。
壁、天井部分のコンクリを一度に造るため、型枠を設置しました。黄色い型枠の周辺にコンクリを流し込んでいきます。
流し込む前に、天井のコンクリートにもちろん配筋。
地下部分のコンクリートが完成しました!ちょっと面白い光景です。

いかがでしたでしょうか!地下室の構造が出来上がりました。 今回ご紹介した通り、コンクリート打設にはセメントを流し込むための型枠を設置し、 その中にひび割れを防ぐための鉄筋を組むという工程があります。 住まいの骨組みが木造であることに対し、地下室はコンクリート。 部屋を完成させるために、床部分と壁・天井部分の二度に分け構造を造りました。 地中・コンクリートという性質上、メリットもあればデメリットもあります。 陽の光が差し込まないため夏でも涼しいですが、 温かい地中がひんやりした壁に触れると結露を起こしてしまうのです。 次回は、そんな結露を防ぐための工事に入ります!

住まいとは、家族にとって様々なドラマが詰まった幸せの象徴だと考えています。
住まい創りから生まれる幸せを感じて頂くため、施工中はもちろん、
住まいが完成した後もアフターメンテナンスを通じ、一生涯お付き合い頂ける会社として日々努力しております。
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-683-555

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル7階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ