ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション
  • リンクホーム

【外壁の継ぎ目】目地シーリング交換工事 事例

【外壁の継ぎ目】目地シーリング交換工事 事例

神奈川県 平塚市、寒川町、大磯町、二宮町の外壁目地シーリング交換は、ネクサス・アールハウジングへ! この壁はレンガではありません。レンガ模様の板です。 こういう外壁を「サイディング」といい、デザイン性が高く、近年もっとも人気のある壁材の一つです。 板と板の隙間を埋めるシーリングを交換することでサイディングの壁はより長持ちします。

M様邸の施工事例をお伝えいたします。


M様邸の外観。二種類のサイディングが使われたとてもお洒落な邸宅です。
こちらの部分がシーリング。サイディング同士の隙間を埋めています。
専用の道具を使い、古いシーリング材(コーキング材)を剥がしていきます。
古いものをしっかりと除去することで、新しいシーリングは剥がれにくくなります。
プライマー(下地材)のハケ塗りは、シーリングの密着度を高める重要な作業です。
新しいシーリングを充填。みっちりと入れます。
充填部分をヘラでならします。中に空洞ができないようにしっかり押さえるのがコツ。
窓のサッシの隙間は雨漏りしやすい場所です。このように家の各部分をくまなく綺麗にしていきます。
完成です!これでM様邸の美しい外壁はさらに完璧になりました。

シーリングは3~5年で劣化し始め、その寿命は約10年と言われます。 水の侵入を防ぐ役割を担うだけに、シーリングが劣化すると雨漏りの直接的な原因になってしまいます。 またシーリングには家の耐震性を担う役割もあります。柔らかいシーリングが間にあることで、家が揺れてもサイディング同士はぶつかりません。 そんな大切なシーリングです。くれぐれもひび割れ、剥がれなどの劣化には気をつけ、早めはやめのメンテナンスをおすすめします。

私たちは、全てのお客様と末永いお付き合いを目指しております。
このような「自分でできそうでもなかなかできない」「どこに頼んでいいのかわからない」
そのような住宅の、小さな修理・修繕も、喜んでお引き受けしております。
 
「できそうでできない」「ちょっと大変そう」を、お気軽にお問い合わせください!
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル6階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ