ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション
  • リンクホーム

【ガラっと変わる!】外壁塗装工事② 事例

【ガラっと変わる!】外壁塗装工事② 事例

愛知県 刈谷市,知立市,豊明市の外壁塗装は、ネクサス・アールハウジングへ! シーリング材(コーキング材)は外壁の隙間を埋めるものです。 壁の隙間を埋め、地震の緩和、水の侵入防止という大事な役割を持ちますが、劣化は早く、寿命は約10年です。 それゆえに、今回のような足場を組む際に家全体のシーリングをし直します。

M様邸の外壁塗装工事の第2弾です。 サイディング外壁の塗装には欠かせない、シーリング交換作業の様子をお伝えします。


木目調バルコニーのシーリングが剥がれ、青い下地が見えています。このままでは雨漏りの恐れがあります。
こちらも施工前。この黄色いマスキングテープは、新しいシーリングを綺麗に注入するためのものです。
面の塗装の前に、隙間の守りを万全にするため、古いシーリングを剥がしていきます。
窓サッシのシーリングは特に雨漏りしやすいところなので、ここが新しくなると安心です。
シーリングがハミ出さないよう、丁寧に注入していきます。
足場があるこの機会だからこそ、高所のシーリング交換作業も可能です。
建物の一番高いところから下まで続く長いシーリングも新しくします。
ベランダの腰壁まで含め、建物全体の隙間の守りを新しくしました。次回はいよいよ塗装に入ります。

シーリングの交換は「打ち直し」といい、今回の事例のように、塗装前に交換することを「先打ち」といいます。 先打ちのメリットはシーリング部分も塗装できるのでシーリングの寿命が延びること、デメリットは、シーリングは柔らかいので、塗料が乾いた後、割れやすいということです。 シーリングは防水性があるので、塗装が割れても問題ないのですが、美観上のこだわりから、塗装後にシーリングを打つ「後打ち」を選ぶ人もいます。 いずれにしても大切な部分なので、塗り替えの機会には必ず交換することをお勧めします。

皆さまの大切な住まい。どんなに丁寧に使っていても、経年劣化や突発の事故等での修理修繕は避けられません。
 
そこで弊社は、お客様の住まいを10年・20年と長期スパンでメンテナンスすることを前提に、定期的なメンテナンスや修理修繕をご提案しております。 
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル6階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ