ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション
  • リンクホーム

耐震リフォーム 相模原市 緑区,中央区,南区,愛川町,清川村エリア H様邸

耐震リフォーム 相模原市 緑区,中央区,南区,愛川町,清川村エリア H様邸

相模原市 緑区、中央区、南区、愛川町、清川村の耐震リフォームなら、ネクサス・アールハウジングへ。 みなさまのご自宅には、必要量の「耐力壁」があるでしょうか? 住まいの柱は横からの力に弱いため、耐震性を上げるには耐力壁が必要なのです。


耐力壁とは、地震や強風によって発生する「横からの力に対抗する力がある壁」を指します。
耐力壁を造っていくため、既存の壁を一度剥がします。
解体の際に出た瓦礫は、もちろん全てコチラで撤去いたします!
以前は木材が斜めに組まれた片筋交いという耐震構造でしたが、それに加えて「耐震金物」を設置していきます。
最後に、ボード自体に耐震の力がある「耐力面材」を取り付けました。
周囲の壁紙と同じになるように紙を貼り直し、耐力壁の完成です。
同じように、住まいの様々な場所に耐震金物を設置して、耐力壁を取り付けていきます。
周囲の壁紙と同じものを施工しました。
同じく、玄関も・・・ 
このほかにも、様々な場所に取り付けました。

耐震性は、耐力壁の中身である「耐震金物」や「耐力用面材」の量と位置で決まります。 少なすぎてはいけませんし、配置のバランスが悪ければ歪みが生まれて余計に倒壊しやすくなってしまいます。 昭和56年に適用された新耐震基準の建物は、4分割法という配置方法で耐力壁がチェックされています。 しかし適用以前の建物は、必要十分な耐力壁がないために、地震の際にとくに被害が集中したことが分かっています。 該当されるお住まいの方は、耐震リフォームを検討してください。 ネクサス・アールハウジングでは、耐震診断士の資格を持つスタッフが在籍しております。 基準法に沿い、あなたの住まいに合ったリフォームを提案します。

皆さまの大切な住まい。どんなに丁寧に使っていても、経年劣化や突発の事故等での修理修繕は避けられません。
 
そこで弊社は、お客様の住まいを10年・20年と長期スパンでメンテナンスすることを前提に、定期的なメンテナンスや修理修繕をご提案しております。 
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル6階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ