ネクサス・アールグループ施工事例フルリノベーションから網戸の張り替えまで。私たちは住まいのトータルプロデューサーです。

  • ネクサス・アールホールディングス
  • ネクサス・アールハウジング
  • ネクサス・アールホーム
  • ひかリノベ
  • ネクサスRHサービス
  • ネクサス・アールクリエーション

システムバス・洗面室リフォーム② 栃木県 小山市,栃木市,野木町エリア I様邸

システムバス・洗面室リフォーム② 栃木県 小山市,栃木市,野木町エリア I様邸

栃木県 小山市、栃木市、野木町のシステムバス・洗面室リフォームなら、ネクサス・アールハウジングへ! ①では工事費が削減できることをご紹介しましたが、 ②では給排水管をメンテナンスしやすくなるというメリットについて解説します。 工事と一緒にぜひご覧ください!


タイルを壊して浴室を撤去すると、下地の木と土があらわに。
浴室の解体に合わせ、洗面室の壁や床も同時に解体。
洗面室の床下部分。青色が給水管、赤色が給湯管です。
システムバスの土台を造るため、コンクリートを打設。
洗面室の床板を取り付け。板の凹凸をパテで平らにします。
板胴縁(いたどうぶち)で、洗面室の壁の下地作り。
システムバスを組み立てました。中がどうなっているかは次の回にお見せします!

洗面室と浴室を同時にリフォームすると、給排水管の交換やメンテナンスを同時に行いやすくなります。 I様邸では洗面室の床下を配管が通っていますが、洗面室の解体と一緒に行えば一石二鳥ですよね。 給排水管の寿命は材質によって異なりますが、15年から20年を目安にメンテナンスすることをお勧めします。 キッチンや浴室をリフォームしたけど、「水道から赤さびが出てきた・・・」となったらガッカリしますよね。 水廻りのリフォームをする時は、ぜひ給排水管の診断やメンテナンスを検討してください。

皆さまの大切な住まい。どんなに丁寧に使っていても、経年劣化や突発の事故等での修理修繕は避けられません。
 
そこで弊社は、お客様の住まいを10年・20年と長期スパンでメンテナンスすることを前提に、定期的なメンテナンスや修理修繕をご提案しております。 
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容

当社では、本入力フォームにご入力いただきました個人情報または、お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用し、当社プライバシーポリシーに則って、適正かつ厳重に管理いたします。

その他個人情報の取扱については、このサイトの「プライバシーポリシー」をご確認ください。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先
株式会社ネクサス・アールハウジング
個人情報お問い合せ窓口:0120-487-849 (受付時間 10:00~18:00)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-2-16 東誠ビル6階
メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp


ページの先頭へ