2017/10/4 一戸建て ベランダ リフォーム工事

ベランダウレタン防水 前編 さいたま市 西区,北区,大宮区,エリア H様邸

ベランダウレタン防水 前編 さいたま市 西区,北区,大宮区,エリア H様邸

さいたま市 西区,北区,大宮区で「ウレタン防水」をお探しなら、ネクサス・アールハウジングへ! ベランダやバルコニ―の塗膜が剥がれてきた、という方は、ぜひH様邸事例をご覧ください! ウレタン防水の再塗装を行った、H様邸事例をご紹介いたします。


劣化したルーフバルコニー 面積が大きく、お手入れも大変な屋上のルーフバルコニー。表面は長年の汚れがたまり、黒くなってしまっています。
ひび割れているウレタン塗膜 日々、雨や紫外線を受ける屋上は、劣化がどうしても起こる場所です。近くで見ると、表面の塗膜が剥がれてしまっています。
ウレタン塗膜が剥がれて補強布が見えている様子 剥がれている塗膜の下に見えているメッシュのシートは、補強布と呼ばれます。補強布を敷くことで、ウレタン防水の耐久性を上げることが出来ます
ひび割れた柵の足元 柵が取り付けられているブロックにもヒビが入っています。
このまま放置していると、いずれ雨漏りが起こり、住まいを腐らせてしまいます。
高圧洗浄機で汚れを落としている様子 それでは、そんな事態とならないように、再び防水機能を復活させるためのリフォームを行います。まずは、高圧洗浄機で汚れを落としていきます。
目に見えて分かる汚れの落ち ご覧の通り、右側が清掃前、左側が清掃後です。日々の雨風でどれだけ汚れが溜まりやすいか、傷みを受けやすいかというのが一目瞭然ですね。
洗浄後、剥がれたトップコート 洗浄を終えたら、剥がれかけていた塗膜をきれいに剥がします。
洗浄後の表面 ゴミを取り終えると、少しきれいなベランダになりました。

ブログのなかでご紹介するベランダ防水はFRP防水が多いですが、今回採用する防水工法は【ウレタン防水】です。 ウレタン防水を採用した理由は、以前にウレタン防水がされていたことにあります。 一度ウレタン防水を施工されたベランダは、必要であれば補修を行った後に、再び防水材を重ね塗りをすることで、防水性性能を高めることが出来るからです。その場合、1から防水工事をやり直すよりもコストをカットできます。 しかし、剥がれよりも劣化が進んで、全体的にひび割れが起こっていたり、また下地が膨らんでいるといった状態の場合は、下地の改修からやり直さなければならず費用もかかります。 ベランダ防水にはいくかの工法がありますが、施工箇所により向いている工法があり、また現在の劣化状況や各ご家庭の予算も異なるため、適切な方法はそれぞれ異なります。 ネクサス・アールハウジングでは、それぞれのメリット・デメリットをしっかり説明したうえで、お客さまのご要望を加味し、適切なリフォーム方法をご提案いたします。 後編では、下地の補修と塗装の様子をご紹介いたします。

住まいとは、家族にとって様々なドラマが詰まった幸せの象徴だと考えています。
住まい創りから生まれる幸せを感じて頂くため、施工中はもちろん、
住まいが完成した後もアフターメンテナンスを通じ、一生涯お付き合い頂ける会社として日々努力しております。
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-683-555

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容


ページの先頭へ