2017/10/5 一戸建て ベランダ リフォーム工事

ベランダウレタン防水 後編 さいたま市 西区,北区,大宮区,エリア H様邸

ベランダウレタン防水 後編 さいたま市 西区,北区,大宮区,エリア H様邸

さいたま市 西区,北区,大宮区で「ウレタン防水」をお探しなら、ネクサス・アールハウジングへ! ご自宅のバルコニーが汚れてしまっている、塗膜が剥がれている。 そんな劣化症状を確認できるなら、大幅な改修が必要となる前にメンテナンスを行いましょう!

ウレタン防水のメンテナンスを行った、H様邸事例の後編をご紹介します。


高圧洗浄機で洗浄した後のブロック。 汚れていたブロックがきれいになりました。すると、汚れで見えにくかったひび割れが見えてきたりと、補修するべき箇所が分かってきます。
高圧洗浄機で洗浄した後のベランダ全体 全体的に前回のウレタンが残っていますが、剥がれてしまっている部分は下地がはっきりと見えています。
欠けている立ち上がり部分 では、ウレタンを塗る前に、そんな劣化箇所を補修していきます。このように、欠けてしまっている部分などは…
立ち上がり部分の欠け補修 シーリングというすき間を埋める充填剤で、穴をふさぎます。
亀裂補修 足もとブロック ひびが入っていた柵の足元のブロックも、同じくシーリングでヒビの補修を行いました。
亀裂補修 床 メッシュが見えている部分にも、補修材を使用して補修を行っていきます。このような下地の補修を終えたら、次はプライマーという密着性を高める塗料を塗ります。
ウレタンを塗っている様子 プライマーを塗って時間を置いた後、いよいよウレタンを塗っていきます。
ウレタン塗装 ウレタン防水は、ウールローラーを用いて、全体にまんべんなくウレタンを塗っていきます。
ウレタン塗装 ウレタンは薄すぎても厚すぎてもいけません。均一に伸ばさないと防水層の劣化が早まってしまうため、熟練した職人技術が必要です。
ウレタン防水完成-足元のブロック 柱の足元のブロックにも、しっかりと防水を施工しました。
ウレタン防水完成-全面 ウレタン防水が完成しました!

ウレタン防水ののメンテナンスは、5、6年を目安にトップコートを塗り重ねます。 メンテナンスを行いやすく、また費用も比較的安いため、広い面積のバルコニーなどでよく採用されます。 しかし、塗っている様子をご覧いただいた通り、継ぎ目のないシームレスな防水層が形成できるため、狭くて複雑な場所にも向いています。FRPやシート防水など、それぞれにメリット・デメリットがありますので、リフォーム箇所、劣化状況や費用などから工法を判断します。 今回は劣化箇所があったため、下地補修を行った後にウレタンを塗りました。 劣化している場合には、下地補修をしっかりと行わないと、ウレタンを塗ってもすぐにまた劣化してしまいます。 劣化が進むと、補修ではなく大幅な改修工事が必要となり、費用も大きくかかってしまいますので、劣化が少ないうちに、メンテナンスを行いましょう。 ベランダの防水なら、経験豊富なネクサス・アールハウジングにお任せください!

皆さまの大切な住まい。どんなに丁寧に使っていても、経年劣化や突発の事故等での修理修繕は避けられません。
 
そこで弊社は、お客様の住まいを10年・20年と長期スパンでメンテナンスすることを前提に、定期的なメンテナンスや修理修繕をご提案しております。 
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容


ページの先頭へ