2017/8/22 一戸建て 床下・基礎

床下点検口作成 横浜市 鶴見区,神奈川区,西区,中区,南区エリア I様邸

床下点検口作成 横浜市 鶴見区,神奈川区,西区,中区,南区エリア I様邸

鶴見区,神奈川区,西区,中区,南区の床下点検口作成なら、ネクサス・アールハウジングへ! 建物が傷んでいるかをチェックする場所として、家の管理において欠かせない「床下」。 浴室の水漏れ確認を機に、I様邸では床下点検口を作成することになりました!


点検口作成前のフローリング これからフローリングと下地を切断し、床下点検口を作成していきます!
養生中の床 周囲を汚さないように養生します。
切断する位置をマーキング 床下を支える大引という柱を切断しない場所を判断し、切断箇所のマーキングを行います。
廊下の床下点検口マーキング 廊下の点検口にも同様にマーキング。
点検口枠取付
枠取付後の床下 開口した床へ、点検口の枠を取り付けました。
点検口フタ設置 次に先ほど切断した、フタとなるフローリングに合板を重ね、枠にセット。
完成した床下点検口 床下点検口の完成です!

普通に生活している分には特に使用することがない床下ですが、いざという家の緊急事態には床下の確認が必要になります。 例えば、キッチンや浴室、洗面室といった水廻りから水漏れが起こっていないかや、床下を支える柱がシロアリに食べられてしまっていないかなどのチェックです。 床下点検口がないことで、「いざ」という時にすぐに床下を確認できないと、その都度フローリングに穴を開ける必要が出てきます。 以前の物件で切断せずとも、畳や押入れの下から床下に潜ることが出来ましたが、断熱性や気密性を重視した現代の住宅では、気軽に床下に潜れる構造にはなっていないことがほとんどです。 これからも長い間家を大切にしていくには、床下点検口は欠かせないもの。 万が一、ご自宅に見当たらない!という方は、住まいの点検を兼ねて、床下点検口を作成してみてはいかがでしょうか。

皆さまの大切な住まい。どんなに丁寧に使っていても、経年劣化や突発の事故等での修理修繕は避けられません。
 
そこで弊社は、お客様の住まいを10年・20年と長期スパンでメンテナンスすることを前提に、定期的なメンテナンスや修理修繕をご提案しております。 
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容


ページの先頭へ