2017/8/10 一戸建て 屋根 リフォーム工事

【瓦屋根】 屋根葺き替え 事例

【瓦屋根】 屋根葺き替え 事例

いわき市,田村市,川内村,小野町で【屋根の葺き替え】を検討中なら、ネクサス・アールハウジングへ! 葺き替えとは、張り替えという意味。家の瓦がずり落ちそう…という方はご覧ください。 瓦屋根を葺き替えた、I様邸の事例をお伝えいたします!


立派に積み上げられた瓦。しかし、棟がぐにゃりと大きくカーブしてしまっています。
中には、一部大きく壊れてしまっている箇所も…。
新しい屋根を作るべく、土埃がとばないように気を付けながら、瓦を一枚一枚解体していきます。
瓦を撤去しました。この際、下地が大きく傷んでいるようなら、新たに下地を張替えます。
今回は下地がしっかりしていたため、上から下地となる合板を張り重ねて、その上に新しい屋根を作っていきます。
屋根全面をリフォームすることもあれば、天気やスケジュールによっては一面一面屋根を作っていく場合もあります。
下地を施工したら、その上に防水シートを重ねていきます。雨が降った場合でも、防水シートがかかっていれば防水出来ます。
次に、屋根の面の境い目に、貫板と呼ばれる棟板金を固定するための土台となる板を取り付けていきます。
最後に、新しい屋根材を施工していきます。先ほど取り付けた貫板に被せるように棟板金を設置したら…
瓦屋根から一転、現代風のガルバニウム鋼板の屋根が完成しました!

今回瓦屋根に変わって新しく施工された屋根を、「ガルバリウム鋼板」といいます。 ガルバリウム鋼板は、金属ではあるもののサビが付きにくく、何よりも軽いという特徴があります。 瓦屋根は耐久性があるものの、地震に弱いというデメリットがありますが、ガルバリウム屋根は耐久性・耐震性ともに優れています。 葺き替えの時期として、ご自身でチェックできる症状としては、  ・瓦に欠けやヒビがある。  ・瓦がズレている。  ・屋根全体が波打っている。  ・屋根に草やコケが生えている。  ・すでに雨漏りが起こっている。 もし、上記に当てはまる項目があるならば、屋根の葺き替えを検討してみてください。 屋根は住まいを雨や陽射しから守る部分で、しいては家全体の寿命に繋がる大切な部分です。 点検が早ければ、瓦のメンテナンスで済む場合もあるかと思いますので、ぜひ一度調査をご依頼ください。

皆さまの大切な住まい。どんなに丁寧に使っていても、経年劣化や突発の事故等での修理修繕は避けられません。
 
そこで弊社は、お客様の住まいを10年・20年と長期スパンでメンテナンスすることを前提に、定期的なメンテナンスや修理修繕をご提案しております。 
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容


ページの先頭へ