2017/4/6 一戸建て 階段・手すり リフォーム工事

笠木リフォーム 前編 千葉県 市原市,袖ケ浦市,長南町,長柄町エリア M様邸

千葉県 市原市、袖ケ浦市、長南町、長柄町の笠木リフォームは、ネクサス・アールハウジングへ! ベランダや外壁の塀の頭にかぶっている傘を「笠木」といいます。 雨漏りが起こりやすい箇所ですので、笠木の役目は重要です。



今回交換するのは、バルコニーの笠木。まず手すりの下の、捨て笠木を取り外していきます。

笠木でカバーされていると分かりませんが、表面にはヒビが入っていました。

新たな笠木を取り付けるため、手すりの金具も取り外します。

表面はヒビが生じやすいのですが、笠木があることで雨の侵入を防いでくれます。

新しい笠木へ取り替えるため、コンクリートを取り外しました。

全て撤去すると、下の防水シートが見えてきました。

しかし、防水シートの切れ目は何故か中央に来ています。

雨が侵入してしまい、中の木材が腐ってしまっていました。

他の場所も同様に、木材の中央が雨で腐ってしまっています。

いくら表面を覆っていても、笠木のすき間を埋めるコーキング材が劣化すれば、雨が侵入する要因になります。 今回も、劣化やひび割れによって内側の木材が腐っていました。 ご覧いただいた通り、表面はきれいに見えていても内部では傷みが進行していることもあるのです。 あなたのお住まいの笠木を、最後にメンテナンスしたのはいつ頃でしょうか? 劣化を放置していると雨漏りに繋がりますので、定期的に点検を行い、傷んでいれば補修をしましょう。 後編では、新しい笠木を設置します!

皆さまの大切な住まい。どんなに丁寧に使っていても、経年劣化や突発の事故等での修理修繕は避けられません。
 
そこで弊社は、お客様の住まいを10年・20年と長期スパンでメンテナンスすることを前提に、定期的なメンテナンスや修理修繕をご提案しております。 
 

まずは無料相談を!即日~2営業日内にお返事致します!

0120-487-849

お名前

メールアドレス

電話番号(任意)

問い合わせ内容